離婚あるいは離婚に関係することが多い事項について、弁護士によくご相談があるケースは、たとえば以下のとおりです。

・ 離婚に向けた準備はどうすればいいのか。

・ 離婚するかどうかについて話し合っているが、なかなか合意できない。

・ 離婚はする方向になったものの、離婚する条件が合意できない。

・ 配偶者が不倫をしているので、不倫をしている第三者に慰謝料を請求したい。

・ 配偶者からDVを受けているが、どうしたらよいか。

・ 配偶者が子どもを連れて出て行ったが、子どもと会いたい

・ 別居しているが、婚姻費用(生活費)を請求したい。

・ 相手から突然離婚調停を申し立てられたが、どうすればよいか。

上記の場合や離婚に関連するトラブルでお困りの場合は、お気軽に弁護士にご相談されることをお勧めいたします。


参考記事:離婚で弁護士に依頼するメリット|裁判の費用や調停の進め方  

離婚に関するご相談はこちら